高尾山に登ってきた

ヤマノススメという漫画とアニメの影響を受けて早3年。

ようやく高尾山に登ってきました。友達と2人で。

 

7月4日(水)

地元の友達が遊びに来るので、何をしようかとskypeで話をする。

そもそも目的がないまま来てもらうのはあまりにも申し訳ないので、何をするか考えていたところ、高尾山という単語が出てきたため、候補に入れる。

新宿より西という知識しかないけど、たぶん大丈夫だろうと軽い気持ちで考えていた。

 

7月5日(木)

流石に当日になってグダグダになるのはよくないので行き方を調べた。

京王高尾線というなんとも高尾山に行きそうな名前で行くことを知った。

しかし、どうにも行き方によって片道の値段が全然違う。なぜだろうかとさらに調べていると「高尾山口駅」と「高尾山駅」があり、「高尾山口駅」は山の麓にあり、「高尾山駅」は山の麓にあるケーブルカーで上った先にある場所のことを言うらしい。

ヤマノススメではケーブルカーを使っていなかったため、今回は高尾山口駅までの行き方を覚えればよいのであった。

 

7月6日(金)

ニュースでは関東に台風が近づいているため、金曜日夜から土曜日にかけて雨が降る予報だった。雨が降れば別な予定をこなせばいいだけなので、特に心配をせずに、最終の便で来る友達を迎えに行った。ピザを食べたいと言っていたので、帰りにピザを買って帰ったら、日付が回っていた。

 

7月7日(土)

家に着き、これまた地元にいる友達と通話をしながら買ってきたピザを食べながらゲームをする。気が付いたら午前5時になっていた。実は明日高尾山に登らないで、いつも通りにパチンコ屋に行くんだろうなって思っていたが、思っていた以上に友達が本気で登ろうと考えていたので10時に目覚ましをセット。就寝。

 

目覚ましが鳴り、不十分な睡眠時間に若干の苛立ちを覚えながら起きると、すでに友達は目覚めていた。俺が起きる2時間前に目が覚めていたらしい。

まずは朝ごはんに買っておいた日清のワンタンスープを飲む。前回友達が来た時に出したところ、大変気に入ったらしく、その日以来ほぼ毎日飲んでいるとか。

 (前回友達が来た記事はこちら)

mdhm.hatenablog.com

 

あまり時間をかけずに家を出る。基本スイッチが入ると行動まではそんなに時間はかからない。JR線で新宿駅まで行き、京王高尾線の準急に乗る。問題は全くなし。

くだらない話をしながら、だんだんと電車内の人が少なくなることで都会から離れていることを感じつつ、高尾山口駅に到着。

予想をはるかに上回る緑の多さで少し地元を思い出す。

天気は曇り。絶好の登山日和だ。

ヤマノススメでは1号線を登っていたため、同じルートを登る。あんなか弱い女子高生が登っていたんだから俺たちに登れないわけがない。初めは俺も友達もそう思っていた。

しかし、歩き始めて10分ですでに急な坂を上り始める。聞いていた話では、舗装されているから歩きやすいと聞いていたと思っていたが、記憶違いだったのか。コンバースの底から直に地面の砂利の感覚が伝わり、疲労がすぐに溜まってくる。加えて、前の日に雨が降ったのか、湿気にすぐに反応し、汗が湯水のように溢れ出てくる。もちろん、軽い気持ちで高尾山に登ろうと言い出したので、汗を拭くためのタオルなど持ち合わせていない。もちろん喉が渇いた時の水分もあるわけがない。朝に食べたワンタンスープと京王高尾線に乗る前に飲んだサイダーしかエネルギーになるものがなかった。

歩き始めて30分が経過。相変わらず10秒に1回は笑うようなくだらない話が続き、汗をかき続けた。しかし、ここまでくると愚痴もぽろぽろ出てくるようになった。

「あおいちゃん(ヤマノススメのキャラ)は結構軽々と登ってたけど、どう考えても若さがあるからだよな…」

「インドア派だと思っていたのに意外と体力あるよな…」

「というか最初登ったのは天覧山だったよな。高尾山じゃないじゃん。」

「あおいちゃんは割とクズなところがあるから共感持てる。」

「最近のあおいちゃんがマジで可愛い。久しぶりにツボにハマったキャラだ。」

等と、2人とも主に漫画に対する意見を述べ始めた。

登り始めて40分、上から降りてくる人とすれ違うたびに殺意を覚えながら、ようやくケーブルカーで降りることができる高尾山駅まで到着。アニメでも登場しただんごを食べながらいったん休憩。雨に濡れたように汗をかいていたので、高尾山タオルを買って汗を拭く。タオルはすぐに汗を吸わなくなってしまった。

歩いていると中学生が募金活動をしていた。頑張っているなーと思いながら通り過ぎようとしたところ、友達がいきなり「うわっ!!!」と言い、中学生と目が合ってしまう。俺は内心「oh...shit」と思いながらやれやれと募金をした。

いいことをした後は足取りが軽く感じた。実際には平坦が続いたのでこれまでよりも楽に感じた。パワースポット毎に写真を撮りつつ、登る。登る。

「こいつら涼しい顔しながら登ってるけど、絶対にケーブルカー使ってるよな」

「今日何度目それ言うんだwwwwww」

 

登る。登る。

 

登る。登る。

 

 

ついに

 

山頂に。

 

 

よくアニメで、山頂や開けた場所に出ると、開放感と壮大な景色が広がっているのが定番で、そこで主人公が感動をするというシーンがある。

これまではそのようなシーンを見てもなんとも思わなかった。

しかし、今回山頂に到着したときに、これまで感じたことのない感動を覚えた。

軽い気持ちで登り始めた高尾山。途中愚痴もこぼしながら登った高尾山。ケーブルカーから降りてきた人を横目に登る高尾山。汗だくになりながら登った高尾山。

登ってきた過程が走馬灯のようにすべて思い出され、達成感が込み上げてくる。本当は頂上に来た時に何かボケをかまして笑いを取ろうと考えていたが、そんな考えは疲労と一緒に吹き飛んだ。達成感が駆け巡り、やってやったぞと言わんばかりの嬉しさしかない。

山頂からは富士山が見える場所もあったが、曇天なので見えず。

「こういうところって俺ららしいよな」

「わかる。愚痴ばっかり言いながら登ってきたんだから、綺麗な心がないとこういうのは見れないよね」

休憩を兼ねて友達はかき氷を注文して、一緒に食べた。イチゴ味のかき氷。何年ぶりに食べただろうか。シロップの甘ったるさがより一層安っぽさを演出する。だけどそれがいい。頂上に登ったという達成感がかき氷の安っぽさを記憶に残る一品に変えてくれる。

休憩も一段落し、降りる前に、仲間内に登ったことを証明するために山頂と書かれた柱を背にして自撮りをしようという話に。

男同士で自撮りは恥ずかしいが、記念になると思い、柱の前でスマホの写真を用意する。…と、ここで

「シャシン、トル?」

声をかけてきたのは外国人の男性。

「おー!イエス!イエス!」

「センキュー」と言いながら俺のスマホを渡す。

「one,two,three」の合図とともにシャッター音が鳴る。「one more」と、さらにもう一度。

また「センキュー」と言い、カメラを受け取る。次にやることはもちろんわかっていた。英語は聞き取れなかったが「自分も同じように写真を撮ってくれ」と言っていたに違いない。心では通じ合っている。なぜなら同じ高尾山を登ってきているのだから。

相手のスマホを受け取りながら心を込めて「オーケー」と言った。

俺も撮ってもらった時と同じように「ワン、ツー、スリー」でスマホのシャッターを切る。もちろん同じく「ワンモア」も忘れずに。

2枚写真を撮り、スマホを返す。「オーケー、センキュー」と言い、俺たちは山を降り、男性は頂上の空気を味わった。

降りている最中、友達と写真を撮ってもらったことについてずっと話をした。

「俺さ、すごく嬉しかった。外国人って結構ノリがいいと思っていたけど、本当にノリがよかったなんて」(洋画をたくさん見ているため、外国人=ノリが良いと思っている)

「ホント俺も嬉しかった。しかも向こうから写真を撮りましょうか?って言ってきたんだよ?なんだろうこの気持ち。今まで感じたことがない」

「普通だったら日本人なら日本人に頼んだりしてさ、『自分たちの写真を撮ってください』っていうじゃん?だけども、向こうから『写真を撮りましょうか?』って言ってきてくれるの、ホントありがとうって思う。しかも外国人がだよ?見知らぬところで見知らぬ人に声をかけるの相当な勇気が必要だと思うよ」

「行動さえすれば誰でも幸せにできる嬉しさ。これがこんなにいいものだったなんて。あー!ホントマジで嬉しい!今までの俺らの嬉しさと言えば、パチンコやスロットで勝ったり、レアな演出見たりだけど、この嬉しさはお金じゃ買えないよね」

そんな話をしながら頂上から降りる。降りる。

途中、山登りに慣れていそうな団体とすれ違いざまに「こんにちは」と言われ、ここでもまた感動をする。

ヤマノススメでも言ってたもんな。すれ違う時に挨拶は基本だって」

「山を登る人間ってあったかい…。やばい、嬉しすぎて涙出そう」

下りは本当に早く感じた。登っていた時の辛い時間は本当に長かった。

「こうやって来た道を戻ってる感じって『ハウスオブザデッド』に似てない?」

「ふくwドリキャスでテレビ壊れるぐらいやったなーw」

もう愚痴は出てこない。出てくるとすれば「あの時募金してなければ飲み物一つ買えたのにwwwwww」と、愚痴が笑い話に変わった。

愚痴も疲れも吹き飛び、笑いながら無事に下山。

汗で気持ち悪いので、近くの温泉でのんびりとお湯に入りながら今日の感動を再確認していました。

「山は全てを知っている。山は人間性が出てくる」

「山に登るのが趣味の人の気持ちが分かった。これはハマる」

「今まで俺らはインドア派だったけど、根っこの部分ではこういうのを求めていたんだろうな」

「今回は山登りにタオル忘れたり、汗をこんなにかくとは知らなかった。おかげで着替えも持ってきていない。だけどこれは失敗じゃない。経験だ。次に生かすことができれば失敗じゃない」

「ホント楽しかった。またやっていこうよ」

 「またヤマノススメみて山決めよう」

ヤマノススメがあったからこそいい経験ができた。

ありがとうヤマノススメ。ありがとう原作者のしろさん。

 

 

 

最後に、友達が言っていた今日一番の名言(略して今日イチ)

 

「終わったら、また始めればいい。」

 

使いどころは特にないけども、とてもそれっぽい。でも、いろいろと応用して使える言葉。自分に言い聞かせるにも丁度いい便利な言葉。深く考え込まず、やっていけばいいんです。


そんな感じの高尾山に登った2018年7月7日だった。

まじかるすいーとプリズム・ナナ ザ・スターリーステージをSS席で見てきた

友達と一緒に見てきました。

 

見る前までの知識としてはパチスロの知識しか無いですが、時系列に沿って友達との会話を抜粋

 

三週間前

友達「プリズムナナの舞台見に行かない?」

自分「いいよ」

友達「じゃあSS席取るね」

自分「ふいた」

 

二週間前

自分「これってみもりんとか出てくるの?」

友達「いや、アニメ(パチスロ)のキャストは一切出てこない。でもナレーションでいるみたい」

自分「やばくね?ちゃんとみれるかなw」

友達「俺もかなり心配w」

 

一週間前

自分「ホント大丈夫だよな?w」

友達「勢いに任せるしかない」

自分「知らないキャラいすぎじゃない?」

友達「とりあえずプリズムナナエースの実機配信動画で予習しておこう」

 

3日前

友達「dアニメストアけものフレンズの舞台配信してたから舞台予習も兼ねて見てみたけどかなりやばかったw」

自分「どんな感じだった?」

友達「舞台中に笑うかもしれないw」

自分「絶対やめてねwwwそれ見てつられて笑っちゃうからwww」

 

前日

友達「なんか逆に楽しみになってきた」

自分「わかる」

 

会場到着

自分「それほどオタクっぽい人いないな」

友達「パチンカスっぽい人もいないね」

自分「どういう人がこれ見に来るんだろう」

友達「とりあえず中入ろうか」

 

SS席特典配布所

ーまずは友達が受け取る

スタッフ「それではこれを。あとは出演者のプロマイドは誰にしますか?」

自分「(そんなのあったんだ)」

友達「え、あー、じゃあこれで」

スタッフ「これですね」

友達「(笑いそうになりながら)ありがとうございます」

ー次に自分が受け取る

自分「(出演者一人もわからないから俺も適当に選んで笑いネタにするか)」

スタッフ「これを。出演者のプロマイドは同じでいいですよね」

自分「え、は、はい」

ー配布所から少し離れて

自分「なんでプロマイド俺も同じやつになったのwというか同じでいいですよねってなんなのwww」

友達「わからんwwwでもこれ引いてたらもっとやばかったんじゃない?www」

ー壁に貼られている出演者プロマイド一覧の中で最もインパクトがあるキャラを指さしながら

自分「これはwwwwwwというかプロマイド見えたときに笑いそうになってたでしょwww」

友達「だってしょうがないでしょwwwwww」

 

SS席到着

自分「席とステージ意外と近いな」

友達「周りにおじいさんとかいるけど絶対演者の身内でしょ」

ー公演パンフレットを見ながら

自分「どのキャラ一番好き?」

友達「うーん誰だろう…」

自分「俺はこの白髪の子かな(詩音を指す)」

友達「俺はこの子かなぁ(鈴を指す)」

自分「なんか世界観わからないキャラいるけど本当に大丈夫かなw」

友達「いきなり忍者とか出てきたら笑うよ?w」

自分「やめてwww」

 

公演の前半終了

自分「どうだった?」

友達「やばかった(笑う場面じゃないのに笑いそうになった)ところは何個かあった」

自分「俺もあったwでも思ってたより楽しいかもしれない」

友達「確かに。期待していなかったせいかなかなか面白い」

 

公演終了

自分「すげーよかったわ」

友達「ホントよかった」

自分「このまま夜の部もう一回見るまである」

友達「わかるw」

自分「というか短冊お渡し会ってなに!?俺も詩音に渡したいんだけど」

友達「俺も短冊渡したかった。もうブルーレイ頼むしかねえ(結局予約してない)」

 

感想としては初めて舞台を見ましたが、とても楽しめました。事前の知識が無くても楽しめたし演者さんがみんな可愛かったし、歌も良かった。

 

気持ちや考えを文章にすることが苦手なので友達との会話形式で知識のない人がどれだけ良さに気が付いたかこれを読んでわかっていただければ幸いです。

近状

久しぶりにはてなブログを見たのでせっかくのなので近状を箇条書きで。

 

・仕事続いてます。

・割と頼られてるっぽいです。

・会社としては赤字が続いているとか。

・倒産は5年以内かもという噂。

・今働いていて思うのが、別に東京でずっと働かなくてもいいかなという感じ。

・東京きて何か変わったかと言われても何も変わっていない。

・副業や何か別なことで収入を得たいと強く思うようになった。

・でも何もやっていない。

・あと3年ぐらいしたら地元に戻ろうかとも思っている。

プログラミング言語を覚えようとしてます。(2年ぶり3度目)

 

プログラミング言語javaを2回頑張ろうとして諦めて、現在はpythonを覚えようとしています。人工知能とかに使われてるみたいです。

パソコンでの単純作業を自動化できるようになるらしいので、自分の仕事を楽にするのと同時にプログラミングの可能性を見いだせたらと思っています。昔から少し憧れていて、何かと諦めがつかなかったので、これをきっかけにもうすっぱりと諦めるか、少しずつ続けていくかしないといつまでたっても中途半端になってしまう。

今回こそは続けるぞ!!!

まとまりがないですが、現状はこんな感じです。

とんでもなく役に立つ数学

 

 

 

とんでもなく役に立つ数学という本を読みました。

社会人で数学なんて使わないと思いきや社会の問題解決の原点として数学が利用されているという話でした。

この本の中で一番印象に残っているのが「セルオートマトン」という考えのライフゲーム

簡単に説明をするとある条件を満たすと次にどのような変化が起こるかというのをあてはめて数字(物体)の動きを観察するものです。

わかりやすい説明ができないのでこちらの動画をご覧ください。

 

想像以上に面白い世界なのでこれからちょこっと踏み込んでいければと思います。

 

ちなみに本の内容はよくできていましたが、自分の生活で変えられるところが少なそうですが、役に立てればと思います。

荒川サイクリング

今年に入ってから一度も自転車に乗ってなかったのでサイクリングに行ってきました。

走行個所は荒川サイクリングロードと呼ばれるところ。

家の近くに鹿浜橋があるのでそこがスタート地点になります。

鹿浜橋を南下しゴールの河口0kmまで約18kmを走りました。

初心者が何も考えずに走って分かったことは下記のとおりです。

・カメラ持っていってみたけど写真撮る余裕がない

・汗を拭くタオルを忘れないこと

・ウェットティッシュみたいな拭くとスース―するやつ持っていけばよかった

水分は必ず行く前に買っておく

 

これまで10km前後走っていましたが、片道18km、往復36kmは日頃から乗ってないと相当つらいサイクリングでした。

特に行きは向かい風で漕ぐのがとても大変で開始5分で帰りたくなりました。

結局だいたい片道1h10m程でつきましたとさ。ただの直線なのに死ぬほど疲れました…。

信号がないので休憩は自分のペースで取らなければいけないというのが意外と難しい。

キリのいいところで休憩しようにもどこがキリいいのかわからずただただ体力を消耗しました。

 

乗っているときに腰が痛くなったりおしりが痛くなったりと相変わらず体が悲鳴をあげていたので銭湯で癒されました。本日はぐっすり眠れそう!

 

今度は北上してみたいけども風が弱い日に挑戦してみたいですね!

草加せんべいレビュー

新しい会社に入っていろいろとやってきていますが、草加せんべいで有名な草加市に行くこともあり、親へのお土産で買うせんべいを選ぶために少しだけ買ってきました。

注目するところは固さと味です。(味は個人の好みがあるので、参考程度に)

 

■小宮のせんべい

―石がさね

固さ:★★★★★

味:★★★☆☆

固さがとても素晴らしいきれいなまるいせんべい。

東北人として味の濃さがいまいち足りずこの評価。

店構えも良く、品質の高さが伺えます。

 

■甚平せんべい

―平焼

固さ:★★★☆

味:★☆

一口食べて「全然固くない?」と思ったが、二口目には固いせんべいをいただくことができました。固さが少しまばらなので、もしかすると1枚買うだけでは固いせんべいにありつけないかも?

味の濃さはそこそこ濃いので、満足して食べることができそう。

 

―白だし(?)のおかき(名前失念…)

固さ:

味:

せんべいを割った瞬間は思ったよりも固くないかな?って思いましたが、一口目でとても良い固さだとわかりました。

味は薄味だが、せんべい特有の香ばしさが出てきて、口の中に広がる。

おかきが大きくなった感じに考えていただければ。

 

―しょうゆのおかき(名前失念…)

固さ:

味:

見た目がもう瓦のような色をしていて、尚且つ厚みもある。そしてこれまで五段階評価しかしていなかったが、満点を越してしまう★6つ。

百聞は一見に如かず。ぜひこれは食べていただきたい。久しぶりに奥歯を使って噛みましたよ!

 

■いけだ屋

草加せんべい

固さ:★☆☆

味:

舌でせんべいの味を確かめた瞬間に舌全体にしょうゆの味が染みわたる。噛めば噛むほど米の味としょうゆの味が混ざり合い、すべてを飲み込むまでずっと楽しめる味。

草加せんべいとうたっている割にはそんなに固くない。ただしスーパーで売っている大手メーカーのせんべいの何倍も美味しい味付けがされています。

また、今回買ったどこよりも安かったのも特徴の一つ。(6枚で300円+税)

 

元々は小宮のせんべいだけを買おうとしていましたが、その付近にいろいろと草加せんべい屋が並んでいたのでついつい買ってしまいました。むしろ食べ比べることができてよかったです。

 

あとは調べてみたところ「志免屋」というところのおかきに固いやつがあるらしいので、食べ比べてみたいし、他にもいろんな草加せんべい屋があるので他のも食べる機会を見つけてレビューできたらなーって思います。

 

今回の食べ比べでだいたいどれを買おうかは決まっちゃいましたけど、割と楽しめました!

転職しました

今回で3社目です。

 

思ったよりも早く見つかりました。

これまた全く別な業界ですが、業種としてはこれまでやったことあるような業種に似ています。

3社目にもなってくるとそろそろその会社に何年もいてスキルや立場を上げていかなければと強く思うようになりました。

転職するにつれてどんどん小さな企業になっています。

後悔先に立たずといいますが、後悔していることといえばやはり1社目を自分の我儘でやめてしまったこと。親にかなり迷惑をかけてしまい、やめたころは何とも思っていなかったけど、今はただただ後悔と申し訳なさしかない。

1社目、2社目と経験し、ようやく自分の考えや行動が甘かったことを認識した。

 

今回のところではぼちぼち頑張ってぼちぼちやっていこうと思いますっ!!!!